セレッソ 大阪 ユニフォーム 背 番号

そして今季より番号フォントの統一に伴い、それまで使用していたピンク地の文字が使えなくなったが、果たしてセレッソはどの色を採用するのか(現地点では不明)。非常に良いデザインではあるが、ポップさのある統一フォントが載るとなるとちょっと質が下がってしまうのが残念(ちなみにパンツ用フォントは従来の赤ではなく黒を採用する模様)。

紺色を採用してましたが、ホームのサガン鳥栖戦しか記憶にございません。紺色の使い方や細めのアクセントも相まって、高級感がよく出ている。 Jリーグにありがちな透かしボーダーだが、太線と細線を組み合わせることで力強さが出ている。 クラブ公式は直線的と表現しているが、個人的には熱気を感じるデザイン。 J参入の2005年以来Mizunoと契約しており、現在Mizunoと契約しているクラブでは最年長である。

なお今回はシャツのみならず、パンツの裾付近にも表現されている。近年のPENALTYはホームとアウェイで別デザインを採用してきているので個人的に評価が上がりつつある。 アクセントはこれまで通りピンクに統一されており、背番号フォントは黒を採用することとなった。 アウェイはこれまで通り白で同一デザイン。 そこで胸番号ありかなしかどちらが好みか質問しました! ここまで完全に全てのJリーグのユニフォームを網羅している本はあまりないので、参考資料として手元に置いておきたい一冊になると思います。

どうせ掲げるなら100年続けられるようなスローガンにしてほしいと思います。個人的には毎年毎年新しいスローガンを掲げる必要性は無いと思っています。毎年のスローガンの発表を楽しみにしている人ももちろんいるでしょうし、それがいろいろなメリットもあるのかも知れませんが、個人的には「GAMBAISM」は毎年変わるスローガンではなく、クラブのフィロソフィーとして永久に掲げてほしいです。

j リーグ ユニフォーム 激安についての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *