2019 鹿島 アントラーズ ユニフォーム

※1「J1クラブ推薦選手」とは、使用ゲーム「EA SPORTS FIFA 18」に収録されているJ1クラブ18クラブのうち、15クラブ※のいずれかのクラブを代表して決勝ラウンドに出場する選手。優勝者には国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、公式eスポーツ大会「FIFA eWorld Cup 2018」の世界予選である「EA SPORTS FIFA 18 Global Series Playoffs」(以下Global Series Playoffs/2018年6月開催)への参加権が与えられます。 3月10日よりJリーグ公式サイト内で募集を開始し、「FIFA 18 FUT オンラインシーズン」ゲーム内にて、ディビジョン3以上に所属していることが条件になるという。

プロスポーツ クラブ「名古屋OJA」FIFA18部門に所属している「あつや選手」が、横浜Fマリノスの推薦を受け、「明治安田生命 eJ.LEAGUE」に参戦し、ベスト4に進出いたしました。今回、「あつや選手」はこのJ1クラブ推薦選手として横浜Fマリノスからの推薦を受け、横浜Fマリノスのユニフォームを着用して戦う事となりました。 2018年5月4日(金・祝)に行われる「明治安田生命eJ.LEAGUE 決勝ラウンド」に出場するJ1クラブ推薦選手※1として、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、FC東京、横浜F・マリノス、ガンバ大阪、サガン鳥栖の6クラブが選手を推薦することが決定いたしました。

サガン鳥栖は2013年と2014年の2回、1試合限定で通常とはガラッと変わった色とデザインのユニフォームを着用してゲームを行い、来場者全員にそのユニフォームを無料でプレゼントするという、太っ腹すぎる企画を行いました。 「『FIFA』は、日本でまだ認知度が低いタイトルではあるが、今回『明治安田生命 eJ.LEAGUE』が開催されることで、大きく競技人口が増えるのではないだろうか」と将来の展望を語った。

そのeスポーツにおいて、アジアのトップリーグであるJリーグが「eJ.LEAGUE」を開幕することは、競技人口拡大につながり、ゆくゆくは日本人のeスポーツプレーヤーが世界一となる未来が訪れることに期待しているとのコメントを述べた。  今回の発表ではまず公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグの正式名称) チェアマンの村井満氏と、株式会社Jリーグマーケティング 代表取締役社長の窪田慎二氏が登壇。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *